絶対なんてない毛皮

使っていない毛皮をリフォームしよう

ファッションとして人気の毛皮ですが、元が生きている動物のものですから、どうしても年数がたったり、紫外線に当たったりすると痛んだり変色したりしてしまいます。また、親の持っていたものを譲り受けた際にデザインが古くなってしまったり、似合わなくなってしまったりすることもあります。そんな時に便利なのが毛皮のリフォームです。元が複数のものをつなぎ合わせて裏地を貼って作るので、リフォームしやすいく、何度でもつなぎなおせるのも特徴です。毛皮の製品はロングコートなどのたっぷりとした質感の物が多いので、物によっては一着のコートから複数の品にリフォームすることも可能です。リフォームには、マフラーやバックなどの小物を作るタイプや、サイズや一部のデザインなどの部分的なものを変更するタイプ、全体を変えてしまうタイプなど、いくつも種類があるので自分の理想に合うタイプを選択できます。全体を変えるタイプには、ロングコートをハーフコートやボレロにリフォームしたり、2種類の毛を持つ毛皮の一種類の毛だけを抜いてしまって全く違う肌触りにすることも可能です。