絶対なんてない毛皮

毛皮の特徴を知ってファッションを楽しもう

毛皮は寒い時期になると、コートやジャケットなどの防寒具における、お洒落なアクセントとして活躍します。 毛皮は、動物によって特徴が大きく異なり、使い分けることによってファッションの印象を大きく変えることが出来ます。 人気がある動物の毛皮は、チンチラやラビットなどの肌触りが良くて柔らかい毛質の種類であり、保温性も高いため、襟元のファーやストールなどとして活用されることが多いです。 毛色が多いのは、フォックスやミンクなどの動物であり、様々なファッションアイテムに活用されています。 染色させることが多いのは、ラムやタヌキなどの動物ですが、タヌキは染色することでラクーン風にしてあることもあるため、動物の種類の表記をしっかりと確認してから購入する必要があります。 日本においては、毛皮用の動物は養殖されている種類の物が多くを占めていますが、輸入した物の場合は天然物であることもあり、珍しい毛色や上質である物ほど高価な価格で取引が行われています。